about Lemo

Lemo(レモ)はウェルビーイングな社会を実現することで、持続可能な地球環境にアプローチするトータルライフスタイルブランドです。
 
ウェルビーイング"well-being"とは、1946年に世界保健機関(WHO)の憲章で初めて使われた言葉です。
"Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.
− 健康とは単に病気や病弱でないということではなく、身体的・精神的・社会的にも良好ですべてが満たされた状態である"
この"満たされた状態"が"well-being"です。ウェルビーイングは幸福とも訳されます。
 
Lemoは2021年に環境にやさしい暮らしを提案するショップとして始まり、環境活動を継続してきました。
その中でウェルビーイングと環境問題の深いつながりに気付きます。

私たちがウェルビーイングであり続けるには、持続可能な地球が必要不可欠。
けれど、ウェルビーイングな状態でなければ、地球の持続可能性や遠い国の人のことを思いエシカルな選択をすることは難しく
ウェルビーイングな状態であるからこそ、エシカルな選択ができる。

 こんな調査結果があります。
「あなたにとって気候変動対策はどのようなものですか?」という質問に対し、
世界全体では66%以上もの人が「生活の質を高めるものである」と回答しましたが
日本人は60%以上が「生活の質を脅かすものである」と回答しました。

日本人はまじめな国民性ゆえに「気候変動対策(エコ)=節電や節約など我慢が必要なもの=生活の質を落とさなければならない」というふうに考えてしまいがちだそう。
ですが、近年の研究では、SDGs達成率の高い国ほど国民の幸福度が高く、環境に配慮した暮らしを実践する人は心身ともに健康になり幸福度の向上につながることが報告されています。もちろん逆のこともいえるでしょう。

幸福であることとエシカルな選択をすることは繋がっているのです。
だからLemoはウェルビーイングな人々を増やすことで、持続可能な地球環境へ取り組みます。
自分自身を満たすことから始まる、私たちと地球の持続可能な未来。

 

About Founder