マイクロプラスチックを出さないキッチンへ!

マイクロプラスチックを出さないキッチンへ!

キッチンでできる「マイクロプラスチックを出さない暮らし」をはじめませんか?

環境にやさしいキッチンで過ごす時間は心地いいものになること間違いなし。

マイクロプラスチックについて詳しくはこちらをチェック!

 

キッチンから出るマイクロプラスチックといえばスポンジ

食器洗いやお掃除の際に使うスポンジ、
実は使うたびにマイクロプラスチックが排水に流れているといわれます。

安価に買えるスポンジは一般的にポリウレタンやアクリル、ナイロンといったプラスチックが原料。

使っていくうちにヘタっていきますよね。
スポンジが小さな破片となって削れていっている証拠です。

スポンジ=消耗品
のイメージが強く、安ければ安いほどいい物として購入している方も多いのでは。

でもその分、海洋汚染や海の生き物へ悪影響を与えてしまうのです。。

 

画像



どうすれば解決できる?

「安いから」という理由でまとめて買っていた
プラスチック製のスポンジは卒業し
自然に還る素材の物を選んでみましょう!

代替品として始めやすいのは"セルロース"スポンジ

 

セルロースは植物に含まれる物質で、それを繊維にしたもの。

生分解性があるので、自然界に流れてしまっても分解されます。

なので、セルローススポンジは磨耗して排水から川や海に流れても
マイクロプラスチックとならずに分解されるので環境に良いといえるのです。

排水を汚さないだけでなく
生分解性がある素材は、廃棄・焼却された後も自然に還るということ。

プラスチックのように石油から生産されないので、製造過程も環境負荷が少ない素材です。

 

今まで使っていたプラスチックスポンジよりは少し泡立ちが悪く感じるかもしれません。

でもそもそも食器などの汚れはお湯でこすればだいたいが落ちるそう。
食器を洗う上で問題はないので、環境に良い選択をしたいですよね。

自然素材のスポンジ エコスポンジ セルローススポンジ へちまスポンジ ヘチマたわし プラスチックフリー

自然素材のスポンジ

 

Lemoでも自然素材のスポンジはとても人気です!

 

使いやすさにこだわっているので普段エコスポンジを使っていない人におすすめできます。

自然素材のスポンジの魅力はこちらでたっぷり語っています。

使い古した後はぜひコンポストへ。

 

昔ながらのたわしも環境にやさしい

昔ながらのたわしもおすすめです。

たわしは基本的にシュロやココヤシといったココナッツ繊維できています。

Lemoで扱っているボトルブラシもココナッツ繊維できています!

マイクロプラスチックを出さずに

麦茶などのボトルや水筒(マイボトル)、タンブラーを洗うことができます。

 

 

できることから少しづつ、地球にやさしい選択を。

ブログに戻る
1 4