Lemoが目指す私たちと地球のウェルビーイングとは。

Lemoが目指す私たちと地球のウェルビーイングとは。

みなさんこんにちは!LemoオーナーのSatokoです。
とっても久しぶりのコラム更新になってしまいました><

この更新をしていない間、Lemoではインドネシアバリ島からエシカルなヨガウェアが届きました

もう本当に素敵なブランドで。
私自身ヨギーニ(ヨガをする女性)で、実はヨガインストラクターの資格も持っているのですが、このブランドをLemoでお取り扱いできることを本当に嬉しく思っています。日本での取り扱いはLemoのみです!

でもこのブランドについてはまた後日詳しくお伝えしますね。

 

今日はサイトをリニューアルしました。その際にLemo Founderのページもアップデートしました。
(あ、ロゴも変わりました!)

ここでも私の思いを伝えたく、久しぶりに執筆しています。

 

わたしは2020年頃から環境問題に興味を持ち始め、環境にやさしい暮らしを心がけるようになり、

「地球の現状について多くの人に知ってもらい、エシカルな選択をもっと身近に感じてもらいたい、気軽に選んでもらいたい」という思いから2021年8月、Lemoをオープンさせました。

多くの人に環境問題について知ってもらいたく発信したり行動してきたのですが、
さまざまな環境に配慮した行動をすることよりも
まず第一段階である"地球や環境に意識を向けることが1番難しい"ということに気付きました。

私たちの唯一のホームである地球環境を思いやることは
結果として私たち自身、子供達の未来を守ることにつながるのですが、

誰だって"今"が1番大事に思えるし、現代の私たちは忙しなく毎日が流れていく。
1日1日、目の前のことに精一杯。
そんな日々を過ごしながら、地球環境を思いやることは容易くないはずです。

 

実際に北欧のような幸福度の高い国の方が環境意識も高いですし、

毎年のようにCOPで化石賞*をもらっている日本は幸福度ランキングは54位だそう。

*気候変動対策を後退させている環境後進国に与えられる不名誉な賞

 

サスティナビリティをいくら求めても、幸福度が低いままでは、日本の環境意識を高めることは難しいのではないでしょうか。

だからLemoは"ウェルビーイング"な人々を増やすことで、地球環境に貢献してくことを目指すことにしました。
遠回りだと思いますが、それがLemoがやるべきことだと感じるようになりました。

 

どんなに権力や富あっても、時間があっても、一緒に過ごしたい愛する人たちがいても、健康な体と心がなければ何もできず幸福は感じにくいです。

だからまずは自分の体と心を1番に思いやってほしいのです。

自分を思いやり健やかでいることから、私たちと地球のウェルビーイングは始まるはずです。

 

そんな心体のウェルネスと切っても切り離せないのが、習慣的運動や食事はもちろん、人とのつながり、社会的貢献です。

 

エシカルなアクティブウェアの取り扱いも始まりましたが、今後はLemoでも心体のウェルネスのための発信をしていきたいと思っています。

 

私たちのウェルビーイング⇔地球のウェルビーイング

これは密接なつながりがありながら、残念ながら意識されることが少ない循環だと思います。

地球環境的にも社会的にも悩ましい状況が続く現代ですが
Lemoを通じてお一人でもウェルビーイングに暮らすヒントを得ることができたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
これらからもコラム更新していきますので、引き続き見ていただけたら嬉しいです!

 

Lemo Owner Satoko

ブログに戻る
1 4